日本の医療の未来には緩和ケアがますます重要になる。

今後の日本は亡くなる人が増えます。

死亡者数が増えるということは葬儀が増え

入院患者が増え、病院が忙しくなるということです。しかし

日本は病院をこれ以上増やすことは不可能です。

増やすと社会保障費の増大で日本経済が圧迫されてしまうから。

病院のベッド数が増えないのに患者が増えるとどうなりますか?

入院できない患者が増えます。それにともなって自宅で最後を迎える方も大幅に増えます。

 

こうして医療の今後の流れを考えてみました。

 

病院不足と看護師不足がキーワードです。

看護師の中でも緩和ケアは難しい反面

とてもやりがいのある看護技術であるので

前向きな看護師は「最後の死に立ち会いたい」と思っています。

ターミナルケアとも終末医療ともいいます。

治療が目的ではなく、痛みや苦しみを軽減する医療行為です。

これはこの世の終わりにたっている人に対して

いかに快適に過ごしてもらうかを一番に考えます。

ガンの激しい痛みやおそろしいほどの吐き気など

を緩和するのが仕事です。

看護師の方で

この分野でスキルを磨いてみたいと言う方はこちらのサイトが参考になります。

看護師の転職方法 緩和ケア病棟への失敗しない求人の探し方はこちらから 

看護師の未来は明るい? 恵まれた転職環境

看護師対象の転職活動を支援するというサイトは、求人情報を軸にしているページの集合体です。ですが、求人情報だけでなくその他にも頼りになる種々のナースのためになる有用な情報がいっぱい掲載されておりますので、上手く利用しましょう。
転職しようと思案した際にも、さほど景気を考えることなく、新しい転職候補を見つけることが出来きるのは、給料のことは別として看護師にとっても、最大のアドバンテージでしょう。
ここ数年は不況風が吹き一般の新卒ですら、求人している就職先が全く出て来ないが強い現実ですが、しかし看護師の場合は、医療現場全体の普遍的的な人手不足が影響し、転職口がとても豊富になっています。
ここ最近の傾向では、人気の高い病院・クリニック・医院などの医療施設が少ない人数枠の募集を実行するようなときには、看護師転職・求人支援サービスサイトの非公開求人に掲載するのが当たり前であるようです。
実を言えば看護師の給料につきましては、想定外の開きがあり、年収550~600万円よりも多いという人も割とおります。けれども勤続10年以上という人でも、そんなに給料がアップしないといったパターンも結構あると聞いています。

キャリアアップすることで年収アップが見込める業種でもありますし、社会的地位も高い仕事です。